意匠登録ステーションは、あなたのデザインの美と力、「意匠登録」で守ります!!

意匠とは

  • HOME »
  • 意匠とは »

意匠制度の意義

意匠権とは、工業製品のデザインを設定登録から20年間独占的に実施できる権利です。

デザインは、特別な機能があるわけではないので、特許法や実用新案法では保護されません。しかしながら、同じ商品でも、デザインの優れたものが販売されると、消費者の購買意欲は高まり、産業は発達します。そのために、工業製品のデザイン、つまり意匠の創作を保護・奨励するのが意匠制度となります。

意匠の定義

第2条 この法律で「意匠」とは、物品(物品の部分を含む。)の形状、模様若しくは色彩又はこれの結合であって、視覚を通じて美感を起こさせるものをいう。

意匠の定義

 

 意匠登録の要件

工業上利用できるものであること(3条第1項柱書き)
(意匠法で保護される意匠は、工業的方法により量産可能なもので、一点製作の工芸品や自然物は対象外。)

〈工業上利用できるものと認められない例〉

◆新規であること(3条第1項)
(同一だけでなく類似の意匠も含まれている)
◆創作非容易性(3条第2項)
(容易に考え出すことができなものであること)
◆公序良俗に反するものでないこと(5条)
◆他人の業務に係る物品と混同を生じるおそれのないこと
◆物品の機能を確保するために不可欠な形状でないこと
(技術的思想に該当するため特許権・実用新案権で保護)
◆先願意匠の一部と同一又は類似の後願意匠でないこと(9条)
◆一つの出願に2つ以上の意匠を含んでいないこと(第7条)

意匠法特有の制度

部分意匠

部分意匠とは?

  • 当該物品全体の形態の中で一定の範囲を占める部分のデザインである。
  • 部分意匠の意匠に係る物品は、意匠法の対象とする物品と認められなければならない。
  • 当該物品において、他の意匠と対比する際に対比の対象となり得る部分である。

〈部分意匠の例〉

部分意匠の例

関連意匠

関連意匠とは?

  • 「関連意匠制度」は、一つのデザイン・コンセプトから創作された多数のバリエーションの意匠について、同等の価値を有するものとして保護するもの。
  • 関連意匠として登録された意匠も、各々について独自に権利を行使することが可能である。

〈関連意匠の例〉

部分意匠・関連意匠の登録要件

  • 本意匠と同一の意匠登録出願人による意匠登録であること
  • 本意匠に同一又は類似する意匠に係る意匠登録出願であること
  • 本意匠の公報発行時点までに出願された意匠登録出願であること

組物意匠

組物意匠とは?

  • 同時に使用される2つ以上の物品であって、経済産業省令で定めるものを「組物」とし、組物を構成する物品に係る意匠は、組物全体として統一があるときは、一意匠として意匠登録を受けることができる(8条)。

組物意匠とは?

一組の飲食用ナイフ、フォーク及びスプーンセット

秘密意匠

秘密意匠とは?

・設定登録後3年以内で出願人が指定する期間、その登録意匠の内容を秘密にしておく制度である(14条)。

top secret通常、意匠が設定登録されると、手続き上、意匠公報が発行され公知となってしまうところ、登録された意匠の市場への投入時と意匠公報の発行時(意匠公開時)を同時にしたい場合や他社に自社のデザインを知られたくない場合はこの制度を活用する。

動的意匠

動的意匠とは?

・動的意匠とは、形状が変化したり、模様が変わったり、色彩が変わったりするように仕組まれていて、静止した状態からだけでは、その変化した様子を特定できない意匠のことである(6条4項)。

動的意匠 びっくり箱(蓋を開けると人形が飛び出す)〈動的意匠の例〉
冷蔵庫(扉が開閉する)
こまの表面の模様(回すと変化する)
びっくり箱(蓋を開けると人形が飛び出す)

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ

サイト内検索

  • facebook
  • twitter
小笠原国際特許事務所
〒799-0403
愛媛県四国中央市三島朝日3-1-48
TEL 0896-72-6100
Copyright © 小笠原国際特許事務所 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.